基礎知識

ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンは、個人事業者や中小企業の経営者、起業を計画している人を対象としたのことです。事業用資金として貸し出すため、融資金額が大きいのが特徴です。

基礎知識
大きく分けて2種類、「銀行系」と「ノンバンク系」があります。
銀行系には都市銀行や地方銀行、信託銀行、信用金庫などが含まれ、ノンバンク系には信販会社やリース会社、消費者金融会社などが含まれます。最近はIT企業も参入しています。

【を活用?】
基礎知識
事業主にとって、が役立つ場面はさまざまです。
どんなときに役立つのでしょうか?
基礎知識
■とにかく今すぐお金が必要
正確な決算管理は、経営者の大きな任務。少しの遅延も命取りになりかねません。
取引先からの支払いが遅れたり、売り上げが落ち込んだ場合などで従業員に給与が支払えない、必要経費が用意できないなどの緊急事態でも、審査に通ればすぐに必要な現金を借り入れることができます。

■数日だけ借りて、すぐに返済したい
は基本的には無担保ローンなので、有担保よりも金利は高くなってしまいます。
しかし、すぐに返済できるのなら金利を低く抑えることが可能です。
一時的に現金を借り、すぐに返したい場合には対応がスピーディーなものを利用するとよいでしょう。

■ここ一番というビジネスチャンスに
ビジネスチャンスが訪れたとき、大手金融機関に申込むと審査で融資が間に合わない。
または、融資審査に通りそうにない。そんな時こそ、の出番です。

【注意点?】

経営者のビジネスパートナーともいえる。
しかし利用上、注意しておきたい点もいくつかあります。
あらかじめ注意点を理解して、賢く正しく活用しましょう。

■金利が高い
すぐに役に立つですが、無担保・保証人不要という性格のため、通常の有担保よりも金利は高く設定されています。
個人向け融資ではなく、事業用資金として大きな金額を借り入れることになりますので、借入金額は最小限に抑え早めに完済するよう心がける必要があります。

■頼りすぎると返済が困難に
業績悪化が原因で借入れをするるときには、特に注意が必要です。
回復のめどが立たないうちに借入れを繰り返し、雪だるま式に借金を増やして返済不可能になってしまうケースも報告されています。
そういった事態を避けるためにも、業績の回復が見込めない時期には最後の手段として考えておくのが賢明です。

■返済方法に要注意
返済方法はさまざま。借り入れをするときには返済方法の選び方に気をつけましょう。
無理なく返済するために、まずは各返済方法の特徴を理解し無理のないプランを立てることが重要です。

-基礎知識

Copyright© ビジネスローンつなぎ融資【払えない時のコレ】 , 2020 All Rights Reserved.