基礎知識

ビジネスローン活用法

ビジネスローン

ビジネスローンとは、個人事業者や中小企業の経営者、起業を計画している人を対象としたローンのことです。事業用資金として貸し出すため、融資金額が大きいのが特徴です。

2つの分類

ビジネスローンは大きく分けて2種類、「銀行系」と「ノンバンク系」があります。

銀行系には都市銀行や地方銀行、信託銀行、信用金庫などが含まれ、ノンバンク系には信販会社やリース会社、消費者金融会社などが含まれます。最近はIT企業も参入しています。

ビジネスローンの利用

ビジネスローンを利用する方は、株式会社・有限会社の社長さんはもちろん、最近は、少人数で事業をされている商店主さんやSOHOなどの「個人経営者」・「従業員が3名以下の企業経営者」などの方がよく利用しています。

急な資金調達!事業拡大!事業者たるもの、資金調達を諦めるわけにはいきません!
ビジネスローンを賢く利用して、更なる飛躍につなげましょう!

ビジネスローン活用法

事業をしてると、ある日突然運転資金が不足するといった事態に陥ることがあります。
たとえば売掛金の入金が得意先の事情で急に遅れる、あるいは銀行の融資審査にもう少し時間がかかる、また事業を広げるための商品仕入れで、まとまった資金が必要になった。

状況はさまざまですが急な資金繰りに困ることがあります。

これは、事業をする上で避けられないことです。 そんな時に検討したいのはビジネスローン。
今回は、賢い利用法を探ってみましょう!

【急な資金調達!事業拡大!を活用しよう!】

活用法
事業をしてると、ある日突然運転資金が不足するといった事態に陥ることがあります。
急な資金調達、事業の拡大など、事業をする上で避けられないことです。
そんな時に検討したいのはです。
今回は、の賢い活用法を探ってみましょう。

【公庫に頼れない…】

活用法
急いで資金が必要なのに、公庫などから融資を受けようとすると審査に数ヶ月ほどかかることも。
しかもチェックは厳しいです。
実績のない開業資金調達なども難しいのではないでしょうか。
必ずしも公庫が頼りになるとは限らないのです。
活用法
しかし、資金調達を諦めるわけにはいきませんね。
そんな時、を視野に入れてみてはいかがでしょう?
中には、不動産や手形などの物的担保を必要とせず、1000万円以上借りられるものがあります。
借入れに必要な提出書類も少なく、手数料や調査料もいらないものまであります。

【これから起業をする場合】

活用法
これから起業する方で、過去の経営実績がないという場合は、起業前の融資を受け付けている金融機関に事業計画書などを提出します。
それが現実的な運営計画に基づいた運用資金として認められれば、融資が受けられます。
その場合でも、過去の実績や現在の債務状況は問われますので、などの負債があればできるだけ減らしておくのがよいでしょう。

【借り方、返し方次第で返済の負担が減る!】

は公庫などと比較して金利は高めです。
ところが、返済方法を工夫することで違う見方もできるのです。
借入れ後、資金繰りがうまくいくようになったら「増額返済」をすることが有効な手段です。
増額返済は、「元金均等払い」であれは可能です。この返済方法は、「元利均等払い」に比較して支払総額が低くなるのが特徴です。
ですから、年率だけでなく返済方法を途中で見直しできる会社を選ぶことも大切なポイントといえます。

「借入れは必要な時に、必要な金額だけ」
「返済はできるだけ早く済ませる」
この賢い利用方法を覚えていれば、いざという時の資金調達に役立つのではないでしょうか。

-基礎知識

Copyright© ビジネスローンつなぎ融資【払えない時のコレ】 , 2020 All Rights Reserved.